ロードバイク組み立て その1 ~フレーム選定編~

初めてロードバイクに乗った時に感動したのは軽さ。ママチャリとは全然違う!しかしそんなロードバイクも、やっぱり坂となると重い。もちろんママチャリよりは軽く登るんだけど、やっぱり重い。加えて、どうも僕は坂が苦手な模様。これはもう道具でカバーするしかないと言うか、道具をそれなりにしてあとは人間でどうにかするしかないんだ~と追い込むしかないと言うか、どっちにしろ軽いバイクに乗りたいという思いが強くなってきた。格好なんてどうでもいいから、とにかく軽いバイクに乗りたい!

まず完成車。軽さ重視でコンポがデュラエースのものを調べてみると、とにかく割高。105あたりまでならフレーム+コンポの値段プラスαで妥当な値付けなのだけど、完成車はアルテグラ以上になると利幅が大きく設定されているようでフレーム+コンポの値段に比べて不当に高い。特にデュラエースの車両はフレーム+コンポの値段に比べて高すぎるものばかり。ホイールはALX473があるし、これはもう自分でパーツを買い集めてロードバイクを組み立てる・・・所謂『バラ完』を自力でしてみようかなという気になりました。

フレームを何にするか。最初に行きついたのは中華フレーム。絶対買わない方が良いような信頼性の低い中華フレームもあるみたいだけど、有名ブランドのOEMを手掛けているようなところはある程度の信頼性がありそう。値段も5~7万ぐらいでフレーム重量が1000gを切る、メーカー製ならエントリー~ミドルグレードぐらいのカーボンフレームが手に入る。中でもTop FireというメーカーのFM-R869というフレームは、元々Top Fireが設計したものをDEROSAがSUPERKINGとして販売しているらしく安全性も問題なさそう。重量も実測930gと軽い。これ以上の軽さとなるとメーカー製のハイエンドを狙うしかなく、30~40万で重量は700g前後。取り敢えずはFM-R869でいいかなと思いました。DEROSAのSUPERKINGは定価314000円、割引で20万前後で売っているフレームですが、Top FireのFM-869は7万円以下。

そんなこんなでほぼ決定しかけてたところで何となくヤフオクを眺めていると、メーカー製の中古も意外と安い。中古メーカー製フレームはどんな使われ方をしてたのか分からないわけで新品中華フレームとはまた違ったリスクはあるけど、メリダジャイアントなど不人気メーカー(笑)だったり、マイナーメーカー(フォンドリエスト、ニールプライドなど)であれば新品中華カーボンと変わらない値段で落札できそう。どうしようかなとオークション眺めていると、ちょうど自分にあったサイズの、そこそこ程度の良さそうなメーカー製のフレームを発見。見た目は全く好みじゃないというかダサいと思うぐらいだけど、このモデルについて調べてみると素性はよさそう。何となく入札してみると・・・そのまま落札できてしまいました。落札価格は中華カーボンと変わらない7万円。(つづく)

2017/12 月間走行距離&2017年まとめ

f:id:merida80:20180102001749p:plain

f:id:merida80:20180101214557p:plain

f:id:merida80:20180102001607p:plain

12月は一度チョイ乗りしただけ…仕事やら風邪気味やらもあったけど、ちょっとテンションも下がっちゃったかな?

 

2017年、5月から急激にハマって、7カ月で7818.7km。月1100㎞ぐらいのペース。

2018年は距離は2万km、高度は10万mが目標!

2017/11 月間走行距離

f:id:merida80:20171202205756p:plain

f:id:merida80:20171202205809p:plain

月の前半は風邪、後半は仕事で乗れない月でした。12月も前半は忙しく乗れそうもありません。ニューバイクも出来上がりつつあるので乗る時間が欲しい・・・。

物見山3 10分台 10:47

f:id:merida80:20171116154410p:plain

上ハン・ダンシングからの下ハン・ダンシングで狙い通り。“Monomi 1st slope”が周回ベスト時と比べて9秒、区間ベストと比べて4秒縮まった。3つの坂を通した区間の“物見山ClimbOnly”は12秒縮まって、最初の坂以外も微妙にタイムアップ。物見山8回目でやっと10分台には入ったものの、小手先のテクニックで何とかなるのはこの辺までのような感じ。あとは地道に脚力を上げていくしかない。10分台に入ったのは嬉しいけど、ここからもっと縮めて9分台とかは大変そうだなあと思うと嬉しさ半分?

物見山2 あと1秒!

この前考えたダンシングフォーム改善。重心の意識と足首の固定。あとはRIDE80特有のことだけど、RIDE80は初心者&ロングライド向けのモデルで、ヘッドが長くハンドルが高いポジション。ハンドルを一番下にしたところで、上ハンだと自分の身長だと落差はでない。下ハンで普通のロードバイクの上ハンよりチョイ下ぐらいなポジション。平坦を走るときはずっと下ハンだし、下ハンの方が腰が上がってパワーが出るのでは?と思い、ダンシングも下ハンにしてみた。結果11:01、10分台まであと1秒(笑)。

内容を見てみると、登り全体区間の“物見山ClimbOnly”は6秒縮まっている。でも一番斜度がキツい区間のみの“Monomi 1st slope”は5秒遅い。恐らく傾斜のキツい“Monomi 1st slope”のみはダンシングするなら上ハンの方が速いのだろう。次回は上ハン・ダンシングからの下ハン・ダンシングを試してみたい。

物見山

6日連続で行ってきたけど、周回タイムは初日12:07、2日目11:41、3日目11:35。疲労もあるのか4日目11:42、5日目11:44と伸び悩む。速い人で9分台・まあまあ速い人で10分台らしいので、信号で引っ掛かった云々ってレベルじゃなく遅い。やみくもに走ってもダメそうなので考えてみる。どこが遅いのか?一番傾斜のきつい坂・・・R248側からだと最初の坂、STRAVAで言うMonomi 1st slope。ここだけ三日目まで順位が半分以下で絶望的に遅い。ここを並レベルで走れれば、それだけで20秒は削れそう。ダウンヒルは元峠好きのバイク乗りだったせいか、そこそこ。

一日雨で休んでその辺を気を付けたら11:14。“Monomi 1st slope”は20秒とはいかないものの、15秒縮まって2:18。これでもまだまだだけど。ダンシングのフォーム改善でもう少しは削れそう。小手先のテクニックで何とか10分台には入れられる予感はするけど、根本的な脚力不足が遅い要因の大部分だと思う。

しかし元々登りは苦手だと思ってたけど本当に遅い。平坦がマシになってきたから坂もいけるかと思ったら全然。登りを走ると平坦とは疲れる筋肉が全然違うし、坂に強くなりたければ平坦じゃなく坂を走らないとだめだな。7kg切りの軽量バイクを製作中なので、機材にも頼る予定(笑)。でもRIDE80のうちに10分台は出しておきたい。そろそろビンディングも導入しようかな。

2017/10 月間走行距離

f:id:merida80:20171103155020p:plain

f:id:merida80:20171103155035p:plain

雨が多かったり、ヒルクライム中心にしたことで距離は減ってしまいました。初クリアから3カ月連続で達成していたCycling Distance Challengeも完了ならず。ただCycling Climbing Challenge(8000km)は初クリア。11月は前半と月末が忙しそうであまり乗れない予感だけど、隙間を見つけては乗って、短い時間でも質を確保していきたいな。