次期普段使いホイール選定 その3 アルミクリンチャーホイール比較

色々考えた割にはアルミクリンチャーと言う平凡な選択になったわけですが、ALX473よりワンランク上のものをということで、軽いもしくは高級ホイールと言われているものをまずピックアップ。また、ALX473を買った時は平坦巡航な気分だったのですが、今はヒルクライムな気分なので軽量なナローリム(C15)のアルミクリンチャーホイールを比較検討していきます。まず気になったホイールの一覧を。

メーカー 型番 重量 リム高
シマノ WH-R9100 C24 1435g 24/24
LIGHTNING ALPINE RA24CLT 1330g 22/23
のむラボ のむラボホイール5号 1380g 22/22
Campagnolo シャマル ミレ 1425g 26/30
Campagnolo シャマル ウルトラ 1464g 25/30
Fulcrum レーシングゼロ 1438g 25/30
Fulcrum レーシングゼロ ナイト 1428g 25/30
Mavic R-SYS SL 1295g 22/25
Mavic R-SYS SLR 1295g 24/26
Mavic キシリウム プロ SL 1395g 24/26
Mavic キシリウム プロ エグザリット SL 1355g 24/26

まず目が行くのはマヴィックのR-SYS。とにかく軽いのが欲しい。しかし前輪の丸型中空のカーボンスポークは重量面では有利だけど、空力面ではイマイチな模様。山が好きと言っても山までの平坦もあるし荒サイも走る。平坦巡航も有利なホイールの方がいいのかなと思い始めました。

重量面で次に目が行くのはアルパインのライトニング。これはシルバー限定モデルがメチャかっこいいし、TCR AD0改には銀輪がよく似合う。これにしようか?しかし首折れスポークなんですよね。ALXよりワンランク上、ストレートスポークのホイールを履いてみたい。ということでのむラボホイール5号と共に候補から外れました。

次に軽いのはキシリウムプロエグザリットSL。リムのエグザリット加工、ブレーキの効きが優れてるのは良い。でも鉄下駄やALX473でやっていたようにピカールでリムをメンテしたりはできないし、やっぱり傷はついてしまう時はついてしまうらしい。レーゼロナイト(PEOプラズマ酸化電解処理)やシャマルミレ(プラズマ酸化電解処理)よりはマヴィックのエグザリットは傷付きにくいらしいんですけど。普段履きで使い倒すにはちょっと向かないのかなと思いました。

で、最終的に決まったのはマヴィックのキシリウムプロSL。重さもリムテープ込みALX473と比べれば軽そうだし、見た目も気に入りました。ISM 4D加工がメチャメチャかっこいい。シャマルもレーゼロもスポーク部分がボコっと角張って盛り上がっているのに比べて、ISM 4D加工のキシリウムは滑らか。その滑らかさでシルバーのリム面が波打ったように目立って、アルミを頑張って切削加工してやったゼ!という感じが黒リムより前面に出ているんですよね。黄色スポークが一本入っているのも中々お洒落です。R-SYSと後輪は共通、前輪がきしめん状のアルミスポークなので平坦巡航も悪くなさそうだし、輪行の時も気を使わなそうなのも良い。レーゼロほど固くなくロングライド向けなのも決め手でした。デュラエースC24とも迷ったのですが、マヴィックのオールラウンドなナローリムは無くなりそうなので今のうちに履いておくのがいいかなというのもありました。

決まったら善は急げということで探してみたのですが、2017年で型落ちになってしまったようで国内には中々在庫がありません。あっても安売りはもう済んでしまって高額の売れ残りのみ。ということで、海外通販を利用してみることにしました。(つづく)