ALEXRIMS ALX473 7000km長期乗り込みインプレ

ファーストインプレッションは、

こんな感じだったのですが、その後7000km(正確には7343.1km)乗ってからのインプレ。

 まず剛性について。手持ちの他のホイール(RIDE80ノーマル鉄下駄・マヴィックキシリウムプロSL・ICANチューブラー35mm)の中では一番柔らかいけど、悪い方向で気になるレベルの柔らかさではないです。ダンシングでも剛性が問題で力が極端に逃げたりはしない。キシリウムプロSLと比べればそりゃしっかりしてない感はありますが。余談ですが無印のALX473でそんな感じなので、現行のハブフランジが大径化して横方向の剛性が増したALX473 EVOならまず問題ないんじゃないかと思います。柔らかいというよりウィップ感があるぐらいでしょうね。ALX473の次のホイールはキシリウムプロSLしたのですが、同じ踏み方をするとすぐに足が痛くなって、踏むより回すぺダリングに変えたら痛みはなくなりました。柔らかいALX473の時の方が踏んでいたようです。乗り方で対応できるぐらいの違いですが、一応ALX473はロングライド向けとも言えます。

耐久性は特に問題なし。7000km超えてもノーメンテでフレ等ありません。フリーもノーメンテで渋くなったりもなく、普通に回ります。

高級ホイールにあるような、ホイールが無くなったかのような感じはないです。確かにそこにホイールがあります。ただ、値段を考えると17Cワイドリムでリムハイト30mmでこの重量って十分だとは思いますが。

チューブレスレディなわけですが、それ程タイヤを嵌めにくいわけではありません。一部チューブレスレディなホイールではクリンチャー専用と比べてタイヤが嵌めにくいという話も聞きますがALX473は問題なし。クリンチャー専用と比べれば、ほんの少し嵌めにくいかな程度。出先でパンクしても割とサクッとチューブ交換できます。

総評としては、この価格帯で軽いアルミホイールで考えているけど、リムハイトもチョイ欲しいみたいな場合は良い選択肢なんじゃないかと。見た目も爽やかでカッコいいですし。個人的には買って良かったホイール。

ちなみにマヴィックのキシリウムプロSLに変えてしまった理由は自分の不注意でフロントのリムをダメにしてしまったからで、何もなければずっと使い続けていたでしょうね。高級アルミホイールの乗り味を知ってしまった今は、もうちょっと頑張ってしまうのがお勧めと言いたい気もするんですけど、そんなことを言い始めたらフレームもコンポもホイールも全部ハイエンドが良いですよって話になってまう。段階を踏むことで違いを楽しむこともできるし、とりあえず鉄下駄の重量面のネガは解消できて値段の手頃なこの辺の価格帯のホイールを買うのは悪くない選択。1400g前後レベルだと、ハイエンドのアルミホイールと比べても重量面は遜色無し。主要ライバル勢のゾンダ・レー3・RS81との比較は乗ったことないので何とも言えませんが、どれも悪い噂は聞かないです。この辺で迷っているならば、もう直感で決めてしまっていいんじゃないかと。